メイン画像

興信所の選び方と費用を知る

興信所を選ぶ場合、ある程度興信所に関する知識を持っていた方が、信頼できる興信所を選び出す事ができます。また、悪徳な業者に引っかかるリスクを抑えることもできます。
では何を知っていればいいのか。
例えば、「調査全て込みで○万円。」過度に安すぎる調査料金の表示されている広告には誰でも目がとまります。
この種の人の目を引く料金設定が掲載されている広告表示は、興信所などの調査業だけに起こりうるものではありません。最近他業種でも問題になっている悪徳業者の広告とかなり似ています。
興信所の調査の多くは、浮気調査の場合、2〜3名で調査を行うのが通常とされています。それ以下で調査を行う場合、調査の精度や失尾リスクが上がってしまうからです。誰にでも想像できる例として、1人で張り込み調査や尾行を行っている時、どうしてもトイレに行きたくなってしまったらどうすればよいのでしょう?
1人で調査を行っていれば、対象者の行動から目を離す時間ができてしまうこともありうることなのです。
逆に高すぎる料金にも注意が必要です。ネームバリューがあれば少々高めに設定されていても、調査力がその分あるからだ。と考えがちですが、実際のところネームバリューと調査力は必ずしも一致するものではありません。
大所帯であったり広告にお金をかけていれば、その経費分依頼者の費用に何らかの形で転嫁されており、直接調査を行う何かの価格が高品質で高くなっているというわけではありません。
支払う費用に見合った、もしくはそれ以上の調査力を求めるのなら、同じ内容で数社から見積もりを取り、へいきんてきな価格前後の興信所を選びだすことが効果的と言えるでしょう。
このように、わかりやすい例題を交えながら興信所の選び方と費用について紹介していきます。
興信所の選び方と費用の考え方、ポイントをつかむ参考にお読みください。

興信所の費用以外のチェックポイント

興信所に依頼した場合、発生する費用は依頼をする人にとって、大変重要なことです。
しかし、この興信所の費用ばかりに目がいってしまうと、思わぬ落とし穴にハマってしまうことも。

興信所を選ぶ時に、費用だけでなく、別の選別ポイントを確かめるようにします。

選別のポイントとして、興信所としての規模は一つの選別ポイントになります。
興信所の規模が大きければ、それだけ多くの人がいるということです。そのため、調査を依頼したとき、「調査員が別の調査に入っているので、その日は調査ができません」ということが少なく、自分が調査してもらいたい日時で調査をしてもらうことができる。

また、全国に営業所があれば、たとえば、東京の事務所で調査を依頼して、北海道の調査をしてもらうということもできます。この場合は、興信所によって発生する出張料金が実質無料で受けることができたりしますので、依頼をする人としては、費用でも安心です。

他にも、興信所の中には、悪徳業者の存在もあります。
悪徳業者と一言でいいましたが、その実態はさまざまで、調査料金を不当につりあげたり、調査をしていないのに、調査をしたと嘘の報告をして、金銭をだまし取ったりといった手口などがあります。

悪徳業者に掴まる可能性は低いですが、それでも興信所業界の中でどんなトラブルがあるのか、トラブルの相談先についてもあるていど調べておくことが大事です。